« 筑波TT in AUTUMN(NBクラス予選) | トップページ | Love&Peaceオープン3時間耐久 in エビス »

2006年10月 5日 (木)

筑波TT in AUTUMN(NBクラス決勝)

060930_check_5

いつもの事やけど、スタート前チェックが済んでブリーフィングが始まるまでが

一番緊張します。

その緊張の後、いよいよグリッドへ。そして、相変わらずのボンバー(筑波TTの名物?MC)のグリッド紹介。

やっとレーシンゲ隊を憶えてくれた?みたいで、いつもながらにレーシンゲ隊を楽しく紹介してくれました♪

060930_grid

と、前置きはこのぐらいで、スタート!!

まずまずのスタートで、1コーナー進入時は3~4番手ぐらい。

でも、進入でスピードを殺しすぎて立ち上がりが鈍く、1ヘアまでに2~3台に抜かれる。

前のバイクに少し引っかかってるうちに、裏ストレートでしんいちろーさんにとんでもない速度差で

抜かれる…。恐るべしGSX-R1000。

でも、上位陣のペースがいまいちで(トップの人だけは抜け出てたかな)、縦に連なってレースは

進む。自分もペースがあがらず、集団の中の7位くらいの走行だったんで、このペースでこの位置

にいるとマズイと思い、そろそろ前に出なきゃと思った7周目…。

1コーナー進入で前車の人がミス?ったのか少し膨らむ。お!ラッキー!?

インにするすると入って、さあアクセルオンで一気に抜こうとしたら、その前車がスパッとインに寄ってきた!

え?え?えー? ヤバイ…。

そのまま前車はきっちりインまで寄ってきて接触!ワシは一瞬制御不能に…。

前車の姿がなくなった(転倒する事なく走りぬけた)時には、ワシのマシンはコース脇のスポンジ

バリアに一直線!このまま正面激突するのが怖かったので、直前でフロントブレーキをかけて

フロントからスリップダウンしながら、スポンジバリアに激突!

あーあ、やってもうた…。

スポンジバリアに埋もれたのもつかの間、とりあえず起き上がり、地面に打ちつけて痛い右肩を抑え

ながら、すぐ近くのコーナーポストの小屋に避難。しばらくは、右肩が痛いのと接触された悔しさと

レースがこんな形で終わった虚しさと、色々な感情で放心状態でした…。

 

決勝リタイア。初めてリザルトが残らなかったレースです。

レースでの転倒リタイアは初めてなんで、なんかすっきりしないですね。もっと走りかったし。

悔しいですね、自分の不甲斐無さが…。

接触自体はレースなんで多少仕方のない事とは思っています。それより今回は、その位置に

いた(ペースが上がらず集団の中にいた)自分が悪いと思っています。もっと序盤からペースを

上げれていれば、集団に飲み込まれずに、もっと上位でいいレース展開ができたのに…。

060930_after_3

反省です…。

 

さて、しんいちろーさんはと言うと、5位入賞でした!おめでとうございます♪

ワシは医務室直行だったゆえ、せっかくの表彰式での勇姿が見れなくて…。残念です。

 

◆レーシンゲ隊 in 筑波TT◆

 #30(NMクラス):予選4位/決勝5位

 #45(DUCATI ADVANCE):予選2位/決勝5位

 #62(NBクラス):予選4位/決勝リタイア

みんな(ワシ以外は)好成績でしたが、本人たちにとってはそれぞれに悔しさ一杯でした。

なかなか満足のいくレースは難しいですね。

優勝すれば、内容はともあれ一番満足できるレースになるんでしょうけどね(笑)

 

P.S.

怪我は鎖骨亜脱臼でした。去年は鎖骨脱臼骨折で、今年は右かいっ!と

冷や汗をかきましたが、今回は手術はしなくて済みそうです…。

 

|
|

« 筑波TT in AUTUMN(NBクラス予選) | トップページ | Love&Peaceオープン3時間耐久 in エビス »

「レース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150030/3694032

この記事へのトラックバック一覧です: 筑波TT in AUTUMN(NBクラス決勝):

« 筑波TT in AUTUMN(NBクラス予選) | トップページ | Love&Peaceオープン3時間耐久 in エビス »